FC2ブログ

住んでみたい、住んで良かった、住み続けたい新千里東町

豊中市新千里東町自治会連絡協議会(連協)、東丘校区福祉委員会(福祉)、東丘公民分館(分館)と豊中防犯東丘支部(防犯)が広報誌「ひがしおか」を発行しています。このブログとともにご愛読ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こぼれび

あかしや

こぼれび通りはニセアカシヤ通りと呼びたいくらい
たくさんのニセアカシヤが植えられていました。

連なった小さい葉っぱが適当に日光を遮断し、
木漏れ日の通りの主役でした。

しかし、
狭い場所に盛り上がった根っこからは
たくさんの芽が出て、放っておくとニセアカシヤの
森になってしまいそうな勢い。
根っこは歩道を持ちあげ
溝を壊し、大雨の時には排水できない水が
歩道いっぱいに溢れてくるということも。
台風ごとに倒れたり、割れやすい性質から
ボキッと枝が折れ、通りに落ちて来て
いつも危ないなあと思っていました。

生育が早く、丈夫な木ということで
植えられたのだと思いますが、
大きくなりすぎたニセアカシヤは、
最近やっかいもの。

ニセアカシヤは、香りのよい白い花が美しく
人間だけでなくミツバチにも大人気ですが
ニセアカシヤの近くには他の樹木が育たなかったり
在来種に影響を及ぼすことから
要注意外来生物のリストにあがっているとか?


そんなこんなで
先日
ついに危険な数本を伐採。

伐採された後は、急に明るくなり
こもれびの通りでなくなってしまった。

このあと、どんな樹木を植えるのか?
地域自治がスタートしますが、
東町自慢の「こぼれび通り」はやはり
市まかせにならないよう、地域で十分話し合い
検討して植えてほしいと願います。

早く成長する木はやめた方がいいですね?





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。